RECOMMEND

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
多度大社に参拝じゃ・・
皆の者息災であったか?

黄金週間が終わってから、寒さと暑さが酷くなっており、体調管理に難しいが、風邪や体調を崩さぬようにしっかりと管理するのじゃぞ!!

さて、拙僧は本日急な暇を昼前から頂く事になり、我が居城から約20分で行ける「多度大社」と付近を散策して参りました。
記憶がたしかならば、多度大社へは2度目の参拝なのだが、誠に伺ったのは本日が初であると思う。
「多度大社」や付近には、色々と驚きや感動を頂ける場所があり、本日は色々と感じた日であった。

さて、まずは「多度大社」に伺う前に、道の駅「立田ふれあいの里」に。
ここでは、地元の野菜などが御値打ちで販売されており、我家の台所事情を助けて頂けましたw


「立田ふれあい里」で有名な、蓮根ちらし・蓮根コロッケ・蓮根チップスと蓮根クロワッサンw


腹ごしらえをし、いざ「多度大社」参拝へ


我が居城もそんなに街中とは言えぬが、約20分近くで自然が豊かな街中に。。
空気も綺麗であり、川がとても綺麗であり、癒されました!

1人500円で馬車に乗れると・・


駐車場から「多度大社」へ繋がる道


多度大社の行事、「多度祭」で「上げ馬神事」で使われる道筋






かなり急な斜面であり、人馬一体とならなければ成功は難しそうじゃ・・


「上げ馬神事」の道筋を横に、登り終えると、白馬伝説である馬がお出迎え!


本宮に向かうと、川のせせらぎや森林浴を感じれる・・


「多度大社」を参拝させて頂き、近くを散策する事に。

しばらく進むと、6月中旬〜7月に「蛍が見える場所」の看板を発見!
次回は蛍を見に来ようと、その場所に足を運ぶと・・・。
山間の道を歩き、川は底が見える程透き通っており、街中で穢れた心が綺麗な川によって浄化されていく。
山を降りて麓に行けば、普通の世界間なのだが、此処の場所は違った世界。

川には魚が泳いでおりました。


良く見ないと分からない所に祀ってある、山神様へと続く階段。


少し奥にある、「禊滝」


夏には、川が無料プールに変わり、バーベキューなんかにも最適な場所じゃ。




川が綺麗じゃないと居ない、イトトンボが沢山飛んでおりました!


色々と癒され、また明日から頑張って行けそうっす!!

明日は「岐阜城盛り上げ隊」!

皆の参陣待っておるぞ〜〜(o ̄∀ ̄)ノ”

斎藤道三 | 村たんの旅行記 | comments(0) | trackbacks(0) |
伊賀上野に出陣!(忍者フェスタを盛り上げるぞw)
皆々衆御久し振りじゃ!
ようやく日中は寒さも和らぎ、過ごしやす日になってきたが、夜はまだまだ寒さが厳しいので風邪にはくれぐれも気をつけるのじゃぞ!!

さて、本題じゃが・・・。

先日の4月4日日曜日は、お隣は三重県伊賀に参陣仕りました。
伊賀への出陣は、2年前に義龍(太鬼さん)と光秀(塙)と3人で参陣して以来通算3回目であり、毎年伊賀国のメインイベントである「忍者フェスタ2010」を盛り上げるべく伺いました。

3年前に義龍(太鬼さん)と龍興が「忍者フェスタ」に伺い、凄い忍者の数になると聞き及んだので、朝8時45分に「伊賀上野城」前に集合!


道三・光秀・義龍・龍興・半兵衛(コニたん)の5名が揃い、まず「伊賀上野城」へ。

晴天に恵まれ、桜と青い空に聳え立つ「上野城」


「伊賀上野城」内では、桜桜祭りが行われており、屋台が多数並んでおり、開園の朝9時過ぎには沢山の観光客で溢れかえっておりました。

観光客の方々と記念撮影後、拙僧等の集合写真も。


門前にて


急角度であり、高い石垣。
落ちたら・・ニュースになりそうw


一通り「伊賀上野城」を拝観し、今日の目的である「忍者フェスタ」へ。

▼公式ホームページはコチラ
http://www.city.iga.lg.jp/ctg/922002/922002.html


まだ時間も早かったのか街中は静かでしたが、忍者に扮した親子の方や子供さんがチラホラ見えまえした。

いざ街中へ!


街中で忍者服に扮した ワンコ忍者 と!


光秀・半兵衛・龍興の3名は、忍者検定を受けるべく忍者修行のクエストを!!

道三・義龍は後詰!


忍者修行のクエストは7種類あり、その達成度が点数で表され、最終的に上忍・中忍・下忍の認定書がもらえるのである。

第1修行の「吹き矢」
龍興・半兵衛・光秀共に、奮闘!




第2修行の「忍者パズル」
知性派 光秀 は、楽勝!!
半兵衛・龍興共に少々苦戦するも、勝利!!




第3修行は「ろうそく消し」
龍興・光秀・半兵衛共に奮闘!


第3修行終わった所で、ちょうど11時半になっていたので、声をかけてくださった御主人のお店で昼食を!

大山田寿司と豚汁で500円!


昼食を終え、再び修行に!

店を出て街中に戻ると、忍者に扮した方々でいっぱいに((((;゜Д゜)))
付近の駐車場は満車、入庫待つ車や人でいっぱいでした!!

第4修行は「石ころがし」
龍興以外・・・撃沈!!


第5修行は「手裏剣投げ」
龍興はここでも奮闘!
光秀、半兵衛は苦戦を強いられる・・


第6修行は「弓矢」
龍興・光秀・半兵衛共に、善戦!


最後の第7修行は・・「天井スイスイ」
竹の棒を掴みながら移動する・・。
龍興・光秀・半兵衛共に奮闘!!




後、街中の至る所に忍者が潜んでおり、貰う地図に忍者の場所を書き込み、応募すると抽選で素晴らしい商品が貰えたりするのである。

ピンク忍者を見つけ、威嚇射撃をする 半兵衛!


黒忍者を見つけ、一緒に逃げようとする 半兵衛!!


全ての修行を終え、認定書を貰いに・・。
龍興は「上忍」。
光秀、半兵衛は「中忍」を認定して頂きました!

これで、「岐阜城盛り上げ隊」内にも忍びを使う事が出来そうですw

修行場は街中に配置されている為、約5キロぐらい歩いた為、帰宅後速攻眠りに落ちました。。
21時過ぎに一度起き、夕食を食べた後、また即寝ましたw


------------------------------------
本日より、メンバー全員が名札を着用。
観光客の皆様や、いろいろな方が見てくれ
岐阜城の宣伝にもなりました。
岐阜城盛り上げ隊
斎藤道三 | 村たんの旅行記 | comments(0) | trackbacks(0) |
久々の遠征・・だが、、
皆様御久し振りです!
先月は、1度きりの更新・・・
というかあめ雨が降ったりして何も出来なかった(o¬ω¬o)

で、ちょっと仕事等のストレスなどが色々あったので、
12日の金曜日の夜から、兵庫県は「姫路城」・「篠山城」・京都府の「福知山城」に出陣を致しました。

ですが・・・

12日の夜20時、我が家を出立!ジョギング
久々の出陣であり、前日までテンション楽しい高々だったのですが、当日の朝に大変迷惑な事が起こり、拙僧のテンションはガタガタに落ちておりました。冷や汗

そんな中、弟の塙は空腹からか、自分勝手に発言したりして、出立早々車の中で大喧嘩!怒り
とりあえず途中休憩する大坂まで無言状態でした。

大坂に着き、少し仮眠をする予定だったのですが、色々な事が頭の中を巡ってしまい・・結局1時間程の仮眠で「姫路城」へジョギング

初の姫路であり、拙僧の気分も昇り状態。しょんぼり
目の前に「姫路城」が見えた時には、いつもの自分に戻りつつありました。

午前10時半に市営の駐車場に着き、着替えを。


居城の「岐阜城」ではなかったので、久々に甲冑フル装備に。
早朝はくもり曇りだった天気も、着替えを済ませる頃には晴天に!おてんき
大改修前の「姫路城」を拝観しつつ、入り口がある大手門へ。
「姫路城」は世界遺産であり、人気は凄いだろうと思っていたのですが・・思った以上の人であり、周りは人・人・人で驚きました。びっくりびっくりびっくり

観光の方々とカメラ記念写真を撮りつつ、受付を済ませ城内に入る。
第一の撮影スポットがあり、そこで自分達の写真を撮り終えると・・・。

この場所がスポット場所です♪

そこには、拙僧等と記念撮影を思ってくだされた方々の列が出来ておりました!!
動く事も出来ず、皆様と記念撮影を撮り続けましたカメラカメラカメラ
塙は休むことなく皆様と記念撮影を・・

皆様から格好良いと言われ続けて、かなり嬉しかった模様w


が・・・

30分ぐらい立ち続けたせいか、腰と御腹の辺りが痛くなり、拙僧は少し休憩に・・・。しょんぼり
15分ぐらいベンチに座り、体調が治るのを待ってたのですが、一向に良くならず、とりあえず拙僧だけ車に戻り、甲冑を脱ぐ事にしました。

甲冑を脱ぎ、トイレに行くと・・・
下痢が酷く、後、尿が少し赤帯びて・・・
け、血尿が混ざってる!?冷や汗冷や汗冷や汗
どうやら、久々に精神状態が最悪に陥ったらしい。

拙僧の唯一の写真ですw


でも折角の「姫路城」に着たので、恒例の道三姿でもう一度「姫路城」へ。
一度帰路してから30分弱だったのですが、大手門前には安全管理の為に入場規制で待たれてた人で溢れかえっておりました。
最後尾に並び、もう一度城内へ(σ゚д゚)σ

この写真の後も、凄い事に・・

色々な方々と話をしたり、仲良くなりながら待っていると・・・ポタ、ポタ、、ん?
自分の陣羽織を見てみると。。。。
真っ赤斑点が!?

は、鼻血!?

鼻から沢山の鼻血が出てきて、止まる気配がない・・((((;゜Д゜)))
顔や手、沢山のティッシュが真っ赤になり、周りの方々も心配気配・・。
優しさと自分の苛立ちから、また御腹の調子が悪くなり・・・
拙僧は登城を断念し車に戻りました。


扇の勾配石垣





天守閣への道のりは遠い・・



塙曰く、松本城に比べて天守閣内は広く、階段もそんなに急ではないとの事・・







予定の「篠山城」と「福知山城」を止め、翌日「姫路城」をもう一度リベンジしようかと考えたのですが・・。
どうも、体調はどんどん悪化してる感じ・・。
弟と話合いの結果、やはり帰宅するのが一番の策だと分かり、悲惨な「姫路城」思い出となりました。悲しい悲しい悲しい

沢山の方々とお話や記念撮影をさせて頂きましたが、愛知県や岐阜県の方々と沢山御会い出来、「岐阜城」へ伺う約束をしてくださったりして、本当に嬉しかったです。

外観も変わり、約10年間工事に入るらしいですが・・

是非、リベンジに伺いたいと思います!

斎藤道三 | 村たんの旅行記 | comments(2) | trackbacks(0) |
長野遠征日記♪(川中古戦場八幡社〜典厩寺〜戸倉温泉)
善光寺を後にした拙僧等は、甲斐の虎「武田信玄」と越後の龍「上杉謙信」で有名な川中島を目指しました!自動車プシュー

善光寺から車で約20分弱で到着♪楽しい

いよいよ川中島古戦場へジョギング




資料やテレビジョンテレビなどでは何回も拝見していた、信玄公と謙信公の一騎打ち場面銅像!


もちろん拙僧等もコラボさせて頂きました!






謙信公に助太刀致す!!
巨大化虚空蔵院(σ゚д゚)σ


第四次川中島戦いは、両者痛み分けになるのですが、唖然死者は6000人とも言われており自分達は今凄い場所に居るんだな・・と。撃沈

供養碑など色々と堪能させて頂いた拙僧等は、次に武田信玄公の弟「武田信繁公」の縁寺、典厩寺へ自動車プシュー



川中島古戦場から車で約10分弱で着きました。

(由来)-------------------------------
元々は、鶴巣寺と号しており、永禄4年の川中島合戦の際、武田信繁公がこの付近ではなばなしく討ち死にしたので、遺骨を境内に埋めて典厩塚と言われる。合戦から60年後の元和8年に武田典厩の名をとって、寺後を典厩寺と改め、川中島戦死者群霊を弔う史跡として記念となった。

武田信繁公墓前にて、唱!


閻魔像(日本一大きい閻魔様です)


信繁公の首を洗ったとされる、首きよめ井戸。
結構深かったです!唖然


屋根瓦に銅像がある珍しい感じです


他にも 信玄の愛石・謙信の力石・座禅石・川中島合戦記念館などがありましたヾ(´▽`*)ゝ

陽も低くなり、寒くなってきたので、宿泊する戸倉温泉に向かいました。
車で約30分ぐらいで戸倉上山田温泉街に入り、直ぐに宿泊する
旅館「菊水」へ。

10畳+6畳バストイレ付き食事朝食(松茸雑炊)付の
一部屋で、一人9600円!!


荷物も置き、着替えも済ませ、とりあえず温泉温泉へ!!

源泉47.3度の100%源泉かけ流し温泉であり、硫黄の臭いと湯のヌルヌル感が凄かったです。

露天風呂から正面の山を眺めていると見るなにやら山頂にお寺らしきものがあり気になったので、温泉街の地図を見てみると、荒砥城跡公園なる物が!!!

あの大河ドラマ「風林火山」のロケに使われた場所らしく、櫓や兵舎などの復元もされているとの事。ラブラブラブ

これは、行くっきゃないっしょ!! てな感じで、翌日の朝から楽しみが出来て、テンション高めのまま温泉街へ(・ω・)ノ

旅館の若旦那さんから聞いた、酒采「三天参」へ。
少し高めの値段でしたが、珍しい物から旬な物を美味しく頂かせてもらいました(・o・)ゞ

付け出し


大変珍しい 馬のレバ刺し。
豚よりも癖がなく、牛よりもあっさりで、歯ごたえがあって美味しかったです!


飲んで食った拙僧等は、近くの射的場へ行き銃鉄砲の練習を♪


旅館に戻り、もう一度温泉温泉に浸かりパクッ部屋に戻ると。。
ス〜っと眠りについてしまいました
(≧○≦)お(≧◇≦)や(≧o≦)す(≧▽≦)ノみ♪


次回は、荒砥城址編です♪
斎藤道三 | 村たんの旅行記 | comments(0) | trackbacks(0) |
長野遠征日記♪(善光寺編)
皆様こんばんわ(・ω・)ノ

只今、信濃国は松本より帰陣致しました。

今回の出陣は、23日の早朝より信濃国長野善光寺>戸倉上山田温泉>松本へ!

中央道を北進し、長野インターを降り
約3時間半で善光寺へ!


雪が凄く、道中厳しいかと思いましたが、晴天に恵まれ、
善光寺参りに最適でございました。


正午12時前に着陣し、「岐阜城盛り上げ隊」成功祈願と善光寺の盛り上げに三具に着替えを。
今回は、「岐阜城盛り上げ隊」では撮影班である玉藻ちんが、初甲冑着用しました(σ・∀・)σYO
体格が良いので、拙僧も負ける勢いの着こなしで御座いました。


徳川家大奥供養塔や、松代藩真田家の古塔、迷子郵便供養塔など・・さまざまな供養塔や墓石が並んでおりました!!

写真撮影は出来なかったのですが、真っ暗な中を歩き(階段巡り)、御本尊の阿弥陀如来様の下にある「極楽の錠前」を触ったり、重要文化財である如来様を目の前で拝観し、唱させて頂いたりしました。

階段巡りの前に、御子様2名に、トイレは何処ですか?と聞かれ・・本物のお坊さんだと思ったのに・・と言われた後姿。


念願の善光寺を前に、、、


今年も何もなく過ぎますように・・・


今回は撮影班として女1名で付き添ってくれた、さやちゃん。


善光寺の文字には、色々な伝えや言われがあるんですが・・・、1つだけ皆様にも(o¬ω¬o)
善光寺の文字には、5羽の鳩が隠れているんですよ!!w




あっと言う間に14時も過ぎ、腹が減った拙僧等は、長野の知人に聞いた食事処へ。


左は拙僧が頼んだ しっぽこそば。
右は塙等が頼んだ 信州ざるそばとミニヒレカツ丼。


虚空蔵庵へようこそ!!w


善光寺本堂を守る仁王門。


そろそろ善光寺を後にするべく、最後に おみくじ を!!!


今年最初の おみくじ ・・・・。

拙僧は、凶でした(´Д⊂


マジで凹みました。。

が、悪い事が起きるかもしれないので、「気を付けなさい!」との忠告を頂いたのだろうと思います。


善光寺を後にした拙僧等は、川中島の八幡原神社へ向かいました!

続きは明日〜〜〜(σ゚д゚)σ
お楽しみに!
斎藤道三 | 村たんの旅行記 | comments(0) | trackbacks(0) |
虚空蔵さん「明星輪寺」〜大垣 満腹漫遊記
本日は、岐阜県大垣市にある真言宗の寺で、「明星輪寺」に行って参りました。

明星輪寺へは、中学生ぐらいまで家族で訪れておりましたが、父が死んでからは寺の名前も場所もまったく分からず悔やんでおりました。が、インターパソコンネットで色々検索をし、ようやく探し当てました。グッド

なぜ「明星輪寺」をずっと探していたかと言うと、自分は寅年生まれで、干支守護神は虚空蔵菩薩。
甲冑の前立でも「虚空蔵菩薩」を表現している程、崇拝しています。
明輪寺は、通称「赤坂虚空蔵」、「虚空蔵さん」と言われているように、日本三大虚空蔵の一つであり、虚空蔵菩薩が御本尊なので、ずっと行きたかったのです。

いつも行動を共にする弟の「塙」は今回仕事で行けず、「盛り上げ隊」に近々入隊予定の ボノちゃん と一緒に行く事にしました。

午前8時半に名古屋駅で待ち合わせをし、車内でボノちゃんの干支を聞くと・・・寅!

まったくの偶然とも言える2人は寅年で、同行してくれるボノちゃんも楽しみにしてくれて良かったです。

名古屋から約40分ぐらいで大垣市へは入れたのですが、明星輪寺の場所が大雑把にしか分からず、携帯のGPSで探すも中々見つからない・・・・・
\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

少し、幼少の頃の記憶を頼りにそれらしき山を目指してみると・・・

お? おおおお??

金生山や虚空蔵の立て看板発見!見る見る見る
ふと思った方向に進んだだけやのに・・・・自分とボノちゃんは、虚空蔵菩薩の導きに間違いないと確信し、念願であった明星輪寺に午前10時に着きました。

約20年前以来なので、微かに本堂の景観しか覚えておりませんでした。。。

▼wiki参照----------------------------------------------
寺伝によれば
686年(朱鳥元年)、持統天皇の勅命により、役小角が開山。
2年後に建立したという。
一時廃れるが、平安時代の801年(延暦20年)空海が再興し真言宗に改宗。桓武天皇により保護を受けたという。

1148年(久安4年)
落雷により焼失。再建されるが、小規模となってしまう。

1609年(慶長14年)
美濃国高須藩藩主徳永寿昌の援助で再建される。

1657年(明暦3年)
大垣藩藩主戸田氏信により、大垣藩藩主戸田氏の祈祷所に指定され賑わう。

1863年(文久3年
戸田氏彬の援助で現在の本堂が再建される。

1869年(明治2年)
神仏分離令により蔵王権現宮が金生山神社として分離独立する。
--------------------------------------------------------------

★やっと再訪できた「明星輪寺」
「岐阜城盛り上げ隊」での斉藤道三役 成功祈願と自分に加護を・・。


★仁王門まで続く道 少しの方でしたが、記念撮影などを!


★仁王門前(ボノちゃんを激写!)


★手水場


★趣と風情がある景観




★金生山(標高217.1m)の山頂付近にある寺の為、そこから見える景色も美しい




★岐阜県重要文化財の 梵鐘(室町時代)




★明星輪寺の本堂


住職の方々ともお話をさせて頂きました楽しい

境内では、少し紅葉がかった景観と癒される空間に、拙僧もボノちゃんも時間が過ぎるのも忘れてしまいました。

★本堂の脇の丘にある岩巣公園内の麿崖仏聖観音





明星輪寺を後にし、下山途中にある 金生山神社に寄りました。
1869年に神仏分離令によって蔵王権現宮が独立。




金生山神社から戻って時間を確認すると、もう12時を廻っており、次の目的である大垣城を目指しながら、昼食場所を探すことに・・。

行きは迷い迷ってだったので時間がかかりましたが、明星輪寺から大垣駅近くまで道が多少混んでいましたが、30分弱で着きました。

駅前なので、何か美味しい食べ物屋さんがあるかな〜〜?
って探してみるも・・何もないし、人通りが少ないびっくり

ビル駅周辺を2周ぐらいしましたが、良い場所が見つからず・・悲しい

ちょっと諦めかけた時に、何度か目にしていたビール居酒屋さんのランチを食べてみようと考えました!

車を停め、居酒屋さんの前でメニューを見ると、おにぎり700円で2品選べる。お徳な感じ拍手
それに、従業員の方が店から出てきてくれて説明をしてくれたので、ここで食べてみる事にしました(σ゚д゚)σ

メニューを見せてもらい自分は、鶏のからあげ焼きそば
ボノちゃんは、生姜焼き塩さば

それに ご飯と味噌汁、小鉢が2個付くと書いてあったので、
700円は安いと思いました・・・が、料理が来て もっとビックリ しました!びっくりびっくりびっくり

だって、メインが1人前ずつ出てくるんですもん!!

から揚げも焼きソバも普通に1人前はある感じの量!!
ボノちゃんの生姜焼きも大量やし、塩サバも半分ではなく
1匹!!!

少し驚きましたが、味も美味しく、2人とも完食をして
大垣城へ目指しましたジョギングジョギングジョギング

★大垣市高屋町一丁目四十五番地 食飲空間「芭蕉」様


★拙僧が選んだ 鶏からあげ と 焼きソバ


★ボノちゃんが選んだ 生姜焼き と 塩サバ


腹一杯になった拙僧達は、いざ「大垣城」へ!ジョギング

大垣出身であり、近くに親戚が数名住んでいる大垣ですが、大垣城へ伺うのは9年ぶり!
前回は、関ヶ原400年祭が行われている時でした。

甲冑の姿になり、大垣城内へ(σ・∀・)σ

一通りグルっと廻って退陣・・・。

実は今朝4時半からお腹の調子が良くなく、長い間甲冑着用は難しいと判断したのです(´Д⊂

着替えも済ませ、最後は 老舗の金蝶園総本家様でお土産を買って、名古屋に帰陣しました(o ̄∀ ̄)ノ”

★本日の格好!!
 弟の陣羽織を着用してみました!!!
 大垣駅前の商店街で、「桃太郎さん?」と言われて
 一瞬凍りつきましたw


★大垣城では、石田三成公と言われる方が多かったです。
 やはり関ヶ原のイメージが強いですね。


★戸田氏鉄公と一緒に


★鉄門跡と乗゚城の滝



ジョギング
斎藤道三 | 村たんの旅行記 | comments(4) | trackbacks(0) |
三十三間堂〜養源院〜料亭「わらじや」
どうも〜〜です(o ̄∀ ̄)ノ”

毎日が何も変わらず平々凡々と過ぎておりますが・・何でもないような事が一番良いかもしれませんね〜。

で、今週は関西の方へ用事があったので、その帰途中に京都へ行って参りました(σ゚д゚)σ

今回のメインは、
関ヶ原の戦いの前哨戦ともいわれる伏見城攻防戦で鳥居元忠以下1000人余りが城を死守し,最後に自刃した廊下の板の間を供養のために天井としたもので、武将達の遺体は残暑の残る8月から9月中旬まで放置されていたと言われ、そのため今も生々しい血の痕があちこちに残る。(Wiki参照)

と言われる「三十三間堂」の東向にある浄土真宗の寺院です。

後で知ったのですが、養源院の名は 浅井長政公の院号だそうです。



朝10時半頃に京都市東山区の「三十三間堂」に到着し、小学校の卒業旅行以来となる1000体の千手観音立像が ご本尊の千手観音 を守るように10段50列に並び、右端と左端には 風神&雷陣像が、1000体の千手観音像前には 二十八部衆像 が横一列に並んでおり、卒業旅行の頃とは違う感銘を受け、心がス〜ッと落ち着いていきました。

塙も小学校の卒業旅行以来で、少しテンション↑↑


長く続く三十三間堂の建物


1時間ちょい「三十三間堂」を拝観し、今回の目的である「養源院」へ!

かなりウキウキだった拙僧!


少し紅葉ついてました


歴史としては、
文禄3年(1594年)に豊臣秀吉の側室・淀殿が父・浅井長政の供養のために秀吉に願って成伯法印(長政の従弟で比叡山の僧)を開山として創建。その後、元和5年(1619年)火災により焼失する。元和7年(1621年)、徳川秀忠の正室・崇源院の願により再興された。以後、徳川家の菩提所となった。(Wiki参照)

さて、拝観させて頂きますよ!!(σ・∀・)σYO


少し薄暗い境内に入ると、俵屋宗達の獅子画が飾ってあり、右へ行こうが左へ行こうが獅子の目が追ってくるという仕掛け画。

奥に行くと、伏見城内にあった28の殿舎のうち、真ん中にあったのを移築し、桃山文化を触れれました。

廊下は鶯張で、日光東照宮の眠り猫を彫った彫刻士が作ったものだとか・・静かに歩けば歩くほど、音がなる廊下で、石川五右衛門もこの廊下で捕まったとの話でした。

他にも太閤秀吉の学問所としたボタンの間が移築されていたり、浅井家三代の位牌や、徳川秀忠・家光・秀忠の正室 崇源院、将軍代々の位牌など・・。

色々と案内と説明を受けて、勉強になりました!


で、一番気になっていた・・・「血天井」。


ここの寺院の女中?か尼さんの方が、長い棒で天井を指し、鳥居元忠が切腹して果てた格好を指して教えてくれたり、他の方が苦しんでついた手形や蹲った後の形跡などを教えてくれました・・・。

血天井を拝観した時は、思わず鳥肌がたつほどで、戦国時代をまた違う観点から見つめる事ができました。



養源院を後にし、時間を見ると12時半をまわっていたので、何か美味しい物を食べようかと・・・と言う事で、「三十三間堂」の北西にある料亭「わらじや」に行ってみる事にしましたヾ(´▽`*)ゝ

「わらじや」


「わらじや」の前に着て、まずメニューが無い!!

いくら? 予約いる? 一見さんお断り??

入り口の前で考えていると、女中さんが出てきてくれて、
「誰でも大丈夫ですよ!」と・・・。

値段は??・・そんなの、もう聞けません!!!!

「では、2階へどうぞ」
と案内され、
「当店はコース料理だけですので」
・・はい、心得ました!!

もう、美味しい物を食って帰ると決めたので、ビール1本も頼んじゃう事に ⊂((〃/⊥\〃))⊃ウキャ♪

●抹茶とお菓子


お菓子にも「わらじや」・・凝ってますね〜♪


●前菜3種盛り


●鰻鍋

鰻鍋でご機嫌の塙


●鰻雑炊


鰻雑炊を堪能中〜〜♪


●フルーツ

以上のメニューを約1時間で堪能してきました。

鰻鍋は、骨抜きした鰻のぶつ切りに、麩と三つ葉を京出汁で戴きました。

鰻雑炊は、京出汁に鰻の白焼きや牛蒡、にんじん、餅など色々入っており、かなりのボリューム。


風情がある料亭の庭園と厠



お会計を見て、少しビックリな値段でしたが、
納得のいく料理でした
(*゜∀゜)*。_。)*゜∀゜)*。_。)ウンウン


今回も、予算以上を使ってしまったので、また節約開始で御座いますw
斎藤道三 | 村たんの旅行記 | comments(0) | trackbacks(0) |
松本城遠征&盛り上げ♪
皆様お疲れ様で〜す(o ̄∀ ̄)ノ”

今、信州は松本から帰宅してきました(午後23時1分)

先週末の9月26日の夕方から、信州松本へ向け出発しましたバスプシュー

夕焼けと空と南アルプス


シルバーウイークの後の週末のせいか、中央道は混雑もなく3時間ちょいで松本駅近くに到着!

松本駅の東側にある海鼠壁の蔵造り街並み


地元の食べ物が食べれる場所を街中で聞き、炉辺料理の居酒屋で沢山美味しい物を頂いてきました(ノ・∀・)ノ

▼沢蟹のカラアゲ
(サクサクしており、少しカレー風味の味でした)


▼信州サーモン
(臭みもなく、一緒に出てきた本山葵との相性は最高でした)


▼そばサラダ
(そば生地をゴマと一緒に揚げた入れ物に、信州そばと野菜をドレッシングで)


▼蕎麦を板状にしゴマを混ぜて揚げた入れ物も、もちろん食えます!


▼信州木曽名物の五平餅
(信州味噌とくるみ)

  ↑焼きたてで熱い!

▼鶏モモの山賊焼き


お客のほとんどが注文していた、オススメ料理の
▼殻付きホタテ!



たらふく飲み食いした拙僧等は、松本城から車で15分弱にある「浅間温泉」温泉温泉温泉
の旅館 松本あさま温泉「錦の湯 地本屋」さんへ。

入り口前で温泉


弟(塙)の入浴シーン・・・w



無色透明の温泉が24時間入れて、風情ある大きな旅館で一泊しました。


翌日27日午前7時に起床!

10時に待ち合わせをしている後詰の多気・コニたん組みにメールメールブルー
恵那峡SAで朝食した所とのメールメールブルーが返信され、順調に進んでおられるので、拙僧等は朝の温泉と朝食へジョギング

野沢菜や納豆、豆腐など・・・・
久々に朝食らしい朝食をw


温泉を出て一度部屋に戻ってみるとメールがきておる模様・・・。
メールを開けてみると多気さんから・・・。
午前8時24分、松本インター降りました!!!

めっちゃ早いやん!!!エ━━━;y=ー(゚Д゚)・∵.━━━エエエ

急ぎ朝食を食べに行き、用意をして いざ松本城へ!

自分達が駐車場に停めると、10分後には常備駐車場は満車にたらーっ

着替えを始めると、観光客の皆様や駐車場の管理の方々が来られ、松本城の盛り上げの趣旨を伝えると、かなり歓迎と期待を託されました!

着替えを済ませ いざ 松本城へ!





真っ青な晴天で少し暑かったですが、木陰や日陰に入ると心地よい風が吹き、気持ち良かった〜〜。




木陰で少し待機中〜〜♪


いざ城内に向け 進軍!
しかし、直ぐに不動〜っ





城門を潜り 城内へ。


少し歩いていると、松本城内でボランティア解説をされてる方々から御声をかけられ、趣旨や通常の「岐阜城盛り上げ隊」の事などを話をさせて頂き、そちらの方のブログにも載せて頂く事になりましたヾ(´▽`*)ゝ

松本城内への入り口前で少し記念撮影会をし、塙とコニたんは城内へ。

拙僧と多気さんは、城外待機に分かれ盛り上げを♪







城内班


















一時間半程、城内班と城外班に分かれ、一緒に撮影やお話などをして、合流(σ゚д゚)σ

2人〜4人になると、記念撮影の輪は途切れなく大きくなりました。



少し落ち着いたので、城内を散策し腹ごしらえに!

黒門前で




松本城と黄昏・・3人


松本城でも斉藤義龍を名乗り、道三殺しの刀を持っていた多気さん!


竹中半兵衛の知名度は高く、お母様世代からアイドルだったコニたん!


昼食は もちろん 信州そばをラブラブラブ


腹ごしらえをした拙僧等は、松本城から直ぐのナワテ通りへ。
オフィス街を少し歩くのですが、地域の方々と和気藹々進みましたw

ナワテ通り前にある ガマ侍と!


ナワテ通りと言えば・・今年の春に松本城へ伺った折、車のキーを落としてしまい、途方に暮れてた時 宮舎に届けてあって助かった「四柱神社」の参拝を!!

しっかり この前の感謝と、これからの頼み事をし、パワーをもらった拙僧(ノ≧ロ)ノ


色々散策や記念撮影をし、時間を見てみると もう15時!

帰り際に お土産屋などを見ながら 帰路に・・。

栗饅頭?
何か購入した 多気さん!


松本城の盛り上げが成功し、「岐阜城盛り上げ」の宣伝も出来、これからもっと力を合わせて 岐阜城 を盛りあげようと誓った4人でした!

ちなみに、織田秀信の塙は・・・皆様から 少し誰? みたいな溜息がでておりましたw


斎藤道三 | 村たんの旅行記 | comments(2) | trackbacks(0) |
比叡山延暦寺と坂本城址
長い梅雨が終わったと思えば、一気に暑い日々が続いておりますが・・・皆様は元気にしてますか〜??

先月の関東遠征で、多額の出費をしたため、今年の盆は静かにしようと思っていましたが・・・13日の夜に、急な感情が芽生えて、14日の朝8時過ぎに 比叡山延暦寺 を目指して出陣しました(σ・∀・)σ

東名阪で少し渋滞に巻き込まれましたが、11時前には無事に比叡山の麓にあるでんしゃ坂本ケーブルの駅でんしゃに着きました。

前々から来たかった比叡山に♪ラブ




日本最長の長さを誇るでんしゃケーブルカーに、大正時代に作られたトンネルを潜るなど、延暦寺に向かうまでにも沢山の見所があり約11分の乗車は楽しくて仕方なかったです楽しい



傾斜を登るでんしゃケーブルカー


中間地点の 交差する ケーブルカー!


ケーブルカーを降りると・・・

前日の雨の御蔭だったのか、目の前には絶景が!!!びっくり




琵琶湖が綺麗〜〜〜に目の前に見え、心地よい風が吹きプシュー避暑地の心地よさで一気に癒されました。



延暦寺では、まず東塔と呼ばれる場所で、根本中堂を最初に拝観させて頂きました。

根本中堂!


国宝である中堂は、延暦寺の総本堂であり、「不滅の法灯」が開設以来1200年間消えることなく灯り続けているらしいです。
観光の方が、織田信長の比叡山焼き討ちの時の質問が出た時、僧の方が案内をしてくれました。聞き耳を立てる

盆の時だけ、祭りの神様と一緒に・・・
 と言うことで 神輿も現れます。


秋田県か山形県のお寺に、分けた灯があり、焼き討ち後に再建された時に、そのお寺から灯りを持ってきたので、消えた事が無いと言う事でした!

根本中堂で、薬師如来像や不滅の法灯で感銘をした後は、根本中堂の前にある石段を上った所にある 文殊楼 を拝観しました。

文殊楼!


文殊楼は、比叡山の総門の役目を果たす楼門で、文殊菩薩様が祭られており、自分も沢山の良い知恵がいただけるように御参りしてまいりました。

文殊楼の中の階段・・・
松本城を思い出す冷や汗汗汗汗



少し小腹も減ってきて、時間に目をやると、もう12時半を過ぎており延暦寺内にある延暦寺会館で昼食をとる事に!食事

まだ、蕎麦屋さんの方に人は集まっていたらしく、自分達が伺った時は席に余裕があり、窓際の席を用意してくださり船琵琶湖を眺めながらの会席料理を頂ける事になりましたヾ(´▽`*)ゝ

会席精進料理ビール


見た目も美しく、あっさりの味付けな物ばかりでしたが、意外に食が進み、弟と2杯ずつのご飯御替りをさせて頂きましたw食事食事

お腹もいっぱいになり、これから何処行こうか検討中!


お腹も一杯になった自分達は、阿弥陀堂・大黒堂・国宝殿・法華総持院・大講堂を拝観し、近くの平和の鐘も鳴らさせて頂きました!

大講堂前にてチョキ



阿弥陀堂>1937年に比叡山開創1150年大法要を記念に建てられた、阿弥陀如来を祭ってある。

大黒堂>根本中堂の東南に建ち、かつては政所・食堂とも言われた場所。本尊には、大黒天・毘沙門天・弁才天の顔をもつ 三面大黒天 を祭っている。

国宝殿>宗祖伝教大師の直筆をはじめ、仏像・仏画・書跡・美術工芸品など、国宝・重要文化財など63点が随時展示しています。
(四天王や不動明王など・・凛々しさの中に優しさが見える仏像には感銘を受けました!)

法華総持院東塔>伝教大師が日本全国6ヶ所の聖地に宝塔を建立し、その統括する宝塔。根本中堂と共に重要は信仰道場。信長の焼き討ちから400年ぶりに再建される。

大講堂>僧侶が法華経の講義を聞いたり、お互い問答をして勉強する学問修行の道場。本尊には 大日如来 を祭り、比叡山で修行して一宗の開祖となられた、法然、親鸞、栄西、道元、日蓮などの等身大尊像が安置されている。

(比叡山のパンフレットより、抜粋しています・・・)

東塔エリアを十分に楽しんだ自分達は、近くにある西塔エリアに移動・・・かと思いきや、時間を見ると、もう16時近くになっており、16日に伺う親戚の家への土産物屋さんが17時半までだったので、苦渋の決断で下山しました(o¬ω¬o)



途中の道脇にはまだ紫陽花が咲いてました


まだまだ延暦寺には、西塔と呼ばれるエリアと横川エリアがあり、真剣に色々と堪能するのであれば、1泊2日とかで来ないと満喫出来ないと知りました・・・。

口惜しく下山する・・塙



下山した自分達は、琵琶湖付近では有名な御土産屋の鮎家さんへ。


しばらく北進し、雄琴の怪しい街並みを突っ切り、鮎家さんへ(σ゚д゚)σ

沢山の観光客の皆様もおり、美味しそうな物が沢山並んでおりました!

たっぷりとお土産を購入した自分達は、帰り道にある 坂本城址を見て行く事にしました。

弟にプレゼントしたアイフォンナビで探してみると・・・ん?
なんか住宅街っぽい場所にあるぞ??しょんぼり
公園とかじゃないのか???しょんぼりしょんぼり


不安と期待が交差しながら、ナビの指す方向へ・・・そして・・・!!

工工工エエエエエエェェェェェェ(゜Д゜)

マジで、住宅街の中にあり・・それも道路と道路の交差する場所に、チョコンと石碑が・・・・
[壁]д・)Ξスッ



か、仮にも・・ここらの城下を発展させたのは 光秀殿 なのに・・・。

敗戦の将とは、ここまで酷い扱いなのか悲しい





ちょっと切なさが残って、帰路に着く自分達でした(´Д⊂



汗汗汗
斎藤道三 | 村たんの旅行記 | comments(5) | trackbacks(0) |
墨俣城
皆様、元気ですか〜〜??

ようやく東海地方も梅雨明けをし晴れ真夏の暑さになってきました・・・。
甲冑を着るには、益々遠退く季節になりました(o¬ω¬o)

先々週の日曜日に、織田信長が稲葉山城攻めの最重要地点と言われた 墨俣城へ訪れてきました。

いつ雨大雨雷が落ちてきてもおかしくない空模様でしたが、親戚が住む大垣に用事があった為、ついでにw

感想はと言うと・・・

何とも豪華な城郭が!!!!びっくり

墨俣へ足を運ぶのは2度目でしたが、久々に来て 昔を思い出しました!

この・・・

豪華すぎる城郭が・・・・
許せないんだよ〜〜〜〜!!!!w

もっと、砦のように作ってくれれば人気も出たし、栄えたと思うんだが・・。

近くではお祭りも開催されてましたが、早い時間と雲行きが怪しい感じで人は少なかった(。・Д・)(。-д-)ゥィ


いざ墨俣城へ!!









秀吉公と墨俣城


絵馬に負けない ひょうたん絵馬



壮大な墨俣一夜城








城郭周りに咲く花野菊?


次回は、甲冑でと思い決めました!


一通り周り見て、親戚の大垣へ向かいました(・o・)ゞ

・・が、その後 大粒の大雨と雷が鳴り止まぬ日に変わりました!!雨雨雨雨
斎藤道三 | 村たんの旅行記 | comments(4) | trackbacks(0) |
<< / 2/5PAGES / >>