RECOMMEND

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 関東から姫が御下向なされた!(岩村〜妻籠宿) ●岩村城編 | main | 生活情報誌「月刊ぷらざ」取材と川原町、そして「どですか!」出演。 >>
関東から姫が御下向なされた!(岩村〜妻籠宿)  ●妻籠宿編
岩村城を攻略した儂等は、信州は南木曽にある妻籠宿へ!


妻籠宿は、1976年、国の重要伝統的建造物群保存地区の最初の選定地の一つに選ばれた程で、伝統的な街並みが地域全体で守られてる場所なんじゃ。


前回も、岩村城に行き、その足で妻籠宿に来たので、約2年ぶりの参陣であった。


岩村城攻略の後の為、少々疲れ気味の光秀。
でも、皆にカメラを向けられると、武将顔に!!


15時を周っておったが、まだ昼食を摂っておらず、とりあえず 抹茶と栗きんとん を頂く事にした。


妻籠宿本陣 の警備をする光秀。


昔ながらの民家に、宿泊出来たり、品物が売られている。


寺下の街並みを歩く


この地方の名物「五平餅」を!
御団子状の餅に、味噌の中には胡桃が割って入っている。


腹が減っては戦は出来ぬ・・・。
光秀は、2本目も食える勢いで食っておった!


水車小屋前にて。


そろそろ陽も下り始め、姫の帰陣近くなった儂等は、信州そばを頂いて帰陣に向かう事に。
まぁ、夕刻の昼飯になった訳なんじゃが・・・w

厚みのある舞茸の天婦羅と、飲みやすかった地酒。
おつまみに頂いた、そば天婦羅のドレッシング和え?


信州そばを使った、ざるそば。


一人、ポツ〜ンと離れて蕎麦を食べる光秀!w


蕎麦屋さんを出ると、もう妻籠宿は薄暗い感じに。
あっと言う間の3日間が経ち、儂等は姫の馬(新幹線)が待つ名古屋駅へ。

かなりの強行軍だった為、皆御疲れ模様での解散でしたw
斎藤道三 | 村たんの旅行記 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
It comments.









trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback