RECOMMEND

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
清洲城へ急襲じゃ!
皆の衆、おはようさん!

昨夜から、雨が強く降ったりしておるが、大事はないか?
外で政務を致す者、外出致す者、気をつけて出陣致すのじゃぞ!!

さて、昨日の儂は、尾張国は清洲城へ出陣して参った。
何しに清洲城へ出陣して参ったかというと・・・清洲城にて奮闘なされている 清洲城武将隊「桜華組」殿 が、今週末の7月7日に一周年を迎えるのである。


清洲と岐阜は、婿の信長殿が在城した縁もあり、何か近きものを感じるのである。
近きものを感じる・・・そして、皆を驚かせたい。。。。
これは清洲城に急襲し、笑顔にしてやろう・・・と思い、いざ清洲城に向け出陣!!

午後13時過ぎ、尾張国清洲城に着陣。
桜組殿の雷武が落ち着くのをひっそりと待つ。。。。w

曇り空に聳え立つ清洲城。
城内では、皆の明るい笑顔にて晴れ渡っておった。

雷武を終え、少し落ち着いた桜華組殿。。。そこに、儂はふら〜〜っと入っていく。
何も言って無かった故、少々気まずい空気が流れるか・・と思ったが、桜華組殿をはじめ、御客人は快く迎えてくださり、儂も皆と桜華組殿の雷武を拝見致す。

桜華組殿のTシャツなどが販売されておるようじゃ。
場所は、「ふるさと館」じゃ。
儂も持っておるが、CDなども置かれておる故、是非皆も足を運んでくだされ!

7月7日(日)より販売される 桜華組殿のうちわ 。
全3種類あるようじゃ!
これを持参し、7月の最終週の土曜日と、翌週の8月最初の土曜日に行われる、岐阜の花火大会に来ては如何じゃ?w

儂は、会場にいる皆の衆と 桜華組殿 のちょい早い一周年を祝いたかった故、急襲により割って入っていくw

皆、びっくりする中・・・理由を説明致すと、暖かい拍手にて桜華組殿を祝う事が出来申した。皆の衆、ほんに有難うのぅ!!

会場に居られた皆の衆と共に祝える事で成功であり、これが儂だけでは、急襲でも何でも無かったのじゃ。
桜華組殿がした、嬉し驚きの顔は・・・大成功じゃな”(*>ω<)o"

儂の色である、紫に近いケーキにしてみたぞw
皆、喜んだかのぅ??

清洲城武将隊「桜華組」殿。
ほんに、おめでとうござる。これからも、皆を笑顔に、そして己も楽しんで、日ノ本を盛り上げてくだされ!そして、面白き事をまた致しましょうぞ(・_☆) !w

久々の親子画である。
昔の時は、このような事が出来なかった故、現世ではほんに幸せな事であるなw

●清洲城武将隊 桜華組



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

7月1日から隠密にて尾張国と美濃国に参られておった まつえ若武者隊 の本間殿も、清洲城に参陣しておられた故、共に清洲城を後にし、名古屋駅に見送りに伺わせて頂いた。

光秀も名古屋駅にて合流し、松江に帰陣致す時間まで、食事と茶席にて語り合い申した。

此度は、色々な話が出来、よう酒も飲んだw
出雲国では出雲大社にて遷宮も本年は行われ申した。
近々、出雲大社へ参拝がてら、松江城にも急襲致したいのぅ!!

名古屋駅にてこの格好は、よう目立ったのぅw
小さい声で、道三?と言うのも聞こえて参ったが、直に声をかけてくれw
小声だと・・余計に恥ずかしいぞw

本間殿、かなり強行軍だったようですが、尾張と美濃を堪能出来たようで、ほんに良かったです。
また、会見できるのを楽しみにしております!

●まつえ若武者隊


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


●本日のモコ之進。

今朝のモコ之進である。
夜中に厠に行きたい故、儂の顔を舐め、鳴きながら起し、儂の熟睡を邪魔する。
厠を済ませた後は、好き勝手に眠り深ける。
何とも我儘に育ってしまったが・・それがモコ之進であるw

この幸せそうな顔を見ると、何も言えなくなるのじゃw
モコ之進も、徐々に老いを感じられる歳になって参った。
残りの時間を、もっと幸せにしてやりたいのぅ。。。

斎藤道三 | 道三の遊興 | comments(2) | trackbacks(0) |
臨済宗妙心寺派  神護山寺 崇福寺(そうふくじ) と 道三塚
先日の14日(土)、儂と安藤で長良川右岸河畔にある 崇福寺(そうふくじ) と 儂の墓所である 道三塚 に行って参った。

永禄10年(1567年)に織田信長が、斎藤道三の孫龍興を滅ぼし美濃に入るや、
崇福寺(そうふくじ)を菩提所として保護。
また、
「心頭滅却すれば火自ずから凉し」と言ったことで有名な快川紹喜が住職を努めたこともある由緒あるお寺であり、堂内には貴重な資料が展示されておるぞ。



稲葉一鉄が寄贈した梵鐘。
元々一鉄は、ここの小僧であり、親兄弟が戦死した後還俗して、稲葉家を継承したんじゃな。


綺麗に手入れされておる庭じゃ。


本堂裏にある 信長・信忠父子の廟所。
石牌は位牌のような形であり、一つの石牌を左右に分けて信長・信忠父子の法名が刻まれている。


本能寺の変後、大徳寺にて葬儀された後、位牌を安置されたのこと。
位牌堂 (岐阜市指定史跡)


堂内には、信長公縁の品々や、崇福寺の美術品、関ヶ原前夜戦の岐阜城にて散った士38名を弔う為の血天井など・・・色々な貴重品が展示されておるぞ。

拝観料 大人 200円
岐阜市長良福光2403-1(崇福寺町2) 筺058-231-2613
JR岐阜駅から岐阜バス「長良・さぎ山まわり」「三田洞団地」「八代」行20分「長良川国際会議場北口」下車、徒歩2分。



●崇福寺より西に少し歩き、狭い路地の一角にある 道三塚。
そう、儂の墓所である・・・。
現世に戻りし日は明後日の17日・・・なんとなく前に討たれた場所に足を運びたくなってのぅ。
安藤を共に行って参った。
本来は、崇福寺の西南(現メモリアルセンター内)にあったのじゃが、長良川の洪水の度に塚は流され、天保8年の時に、常在寺第27世の日椿上人によって現在の地に移され碑を建てたのじゃ。






岐阜に来た時は、儂の碑 道三塚 に足を運んでくれのぅ。。

斎藤道三 | 道三の遊興 | comments(0) | trackbacks(0) |
cafe & gallery  川原町屋
皆の衆、本日は雨模様であるな。。
水は大地にとって大切なものじゃが、儂は青空澄み渡る晴天が好きじゃ!

先日の「岐阜城盛り上げ隊」の後、半兵衛と守就の両名を引きつれ、金華山の麓、川原町内にある「川原町屋」http://kawaramachiya.com/)という茶屋に足を運ばせて頂いた。
何度か伺わせて頂いておるのじゃが、約1年ぐらい顔を出させて頂いておらぬ故、両武将と共に挨拶がてら参陣致した(1人だと、普通の僧侶となってしまうからのぅ・・・



店内は「和」を貴重とした造りであり、懐かしさと癒しが繰り出す空間である。



半兵衛は縁側にて一息を。。。


店内は蔵を改築しておる!


奥にはピアノが置いてあり、演奏もされるのじゃ。。


儂が注文した「氷ココア」。


とても素敵な一時を過ごさせて頂き申した。
皆も参陣し、癒されると良いぞ!!
斎藤道三 | 道三の遊興 | comments(0) | trackbacks(0) |
戦え!美濃斎藤家(戦え!仮面ライダーV3替え歌)
皆の衆、元気であるか?

少し気晴らしに替え歌を作ってみたぞ!w

街を歩いておったら、何気に耳に入ってきおってのぅ・・・それから頭から離れなかったから、思わず我が斎藤家の歌詞を作ってみたわ。

「戦え!仮面ライダーV3」の曲に合わせ、歌ってみてくれのぅw


「戦え!美濃斎藤家」

黒い黒い 黒い影もつ道三

戦国一の 国獲り男

狙った者は必ず倒す

土岐よ 小見よ 深芳野よ

風のうなりに血が叫び

力の限り奪いとる

敵は息子の義龍軍

戦う斎藤家 美濃の蝮道三

 

青い青い 青い直垂義龍

国内整備 幕府の相伴衆

重臣率い 道三倒す

父よ(道三) 母よ(深芳野) 妹よ(濃姫)

風のうなりに父を討ち

命の限り 美濃守る

敵は尾張の信長軍

戦う斎藤家 左京大夫の義龍

 

白い白い 白い袴の龍興

織田に負けるが 諦めはしない

日根野と叔父(長井)が 龍興守る

父よ(義龍) 母よ 伯母上よ(濃姫)

織田に負けたが血が叫ぶ

体の限り 打ち向かう

敵は魔王の信長軍

最後の斎藤家 美濃の主の龍興


「金華山ロープウェイ」リニューアル時に開催した、「岐阜城盛り上げ隊 スタンプラリー」、本年も開催致す!!
春風が気持ち良い金華山に参られ、岐阜城と武将達に触れ合いながら、黄金週間の初日を楽しんでくだされ。

開催日  4月29日(日)
開催時間 午前10時〜午前14時配布終了。
★昨年同様 小学生以下の御子様先着200名様に限ります。

斎藤道三、斎藤義龍、竹中半兵衛、安藤守就、濃姫の5名が、皆の参陣を待っておるぞ。

斎藤道三 | 道三の遊興 | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/1PAGES /